2008年06月08日

無意味!?

「広島県警でタスポ使い回し…売店の女性店員名義」


5月より、タバコの自動販売機にタスポ(カード)が導入されている。

自分も喫煙者だが、面倒なのとタスポを使わなくても買えるのでタスポ(カード)は作っていない一人だ。


 広島県警本部(広島市中区)内に設置されているたばこの自動販売機に、成人識別ICカード「タスポ」が庁舎内の喫煙者で共用できるように、ひもで吊るしてあったという。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/37167


未成年者の喫煙を取り締まる為とは言え、面倒な手続きでカードの普及が思ったように伸びず、売り上げが8割も減少している自販機もあるそうだ。

色々な理屈を付けて一方的にタスポの導入に踏み切ったはいいが、
「健康に害をもたらす」と言いながら、ドンドン煙草の税金を上げてその税金を当てにしてもいる様子。

建前は「健康に害があるといっても吸うやつがいる。言っても解らないなら税金が高いと思えばやめれば良い。」

となるが、本音は「どこから財源を持ってこようとしても反発がある。煙草なら吸いたい者が払えばいいから表立って文句も出ない。」
というところだろうか。



警察署で働いているのは未成年でもないだろうが、不法を取り締まるのが仕事の警察署内で、売店の女性店員名義のタスポが1週間ほど自販機の側面にひもでぶら下げられていたそうだ。

他にも、各地の煙草自販機で同じようにひもでぶら下げられていたり、親が子供にタスポを貸したりなどの事件が多発しているらしい。

単にタスポに慣れていないというだけでなく、使用する側がタスポを必要だと思わないのに無理やり導入され、タスポが普及しないことが原因になっているのだろう。

また、情報集めのためにタスポが使われているとの意見もタスポ導入の話が出た当初から、言われている。

何でも決めて押し付ければ「仕方なく」でもやるだろうという決めた方の考えの甘さや人に強制し続けてきた官僚側の独りよがりの結果でもあるだろう


応援のクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ
posted by 悪魔っこ at 07:01| Comment(2) | TrackBack(0) | パワーストーン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
搾取、横領、無駄、無意味、責任転換が官僚達の五大特権ってヤツですかね。

タスポの件は、確か九州の煙草屋が(カードを自販機につけといて)初の逮捕者だったかな。
Posted by gama at 2008年06月09日 05:10
やってる事が校則違反のチェックを逃れる学生と変わらないような…

それよか検挙率をあげてください。まだ女子高生が殺された二件(愛知と京都)は捕まってないんですから(*`θ´*)
Posted by 愛のママ at 2008年06月09日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。